キューバ音楽魂 Alma de la musica cubana

キューバ 音楽をこよなく愛している、なかひーのブログです。
普段聴いているCDやレコードのことをメインに日常のことなども書いています。

カテゴリ: CUBAN MUSIC

 皆さま、大変ご無沙汰しておりました。季節は過ぎていっきに初冬となってしまいました。
 早いもので昨年、キューバ へ赴いてから早一年経ってしまいました。今晩は良いラム酒が我が家に入りましたので、家でちびりちびりやりながらキューバ への想いに馳せております。

 BGMは何にしょうかなっと迷った挙句、ターンデーブルに乗せたのは、キューバ で買った本CDであります。帰る時にホセ・マルティ空港の税関の抜けると右手にあるEGREMのCDショップにて。
 
 キューバ へ行かれた事がある方でしたら、「ああっ、あそこかー」と思われ方もいらっしゃるかと思います。店員さんに拙いスペイン語で「ボレロ、フィーリンありますか」と尋ねると「これがオススメだよっ」と差し出してくれました。

 今、聴くとすごくいい!!男性ですが何か甘〜いヴォイス。そうそう、今晩求めていたのはこういう感じなんです。
 
 Fernado Alvarezはサンティアーゴ・デ・クーバ生まれで。50〜60年代、まさしくフィーリン全盛時に活躍した歌手だそうです。
 このCDは全曲。ボレロです。
 僕の好きな曲、Realidad y fantasiaというCesar Portillo de la Luzが書いた曲が収録されています。
また、最近知った、Ignacio Villaが書いた、Si me pudieras quererという曲が、ラム酒の酔いを心地良くしてくれます。

 冬の夜空をベランダ越しに眺めながら、ラム酒をちびりちびりとやっておりますと、キューバ で出会った方々の事に思いが馳せます。

 アメリカの体制が変わりそうですね。

 どうかキューバ の皆さんにまた活気が戻りますように。

fullsizeoutput_dac
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 おはようございます。今朝は久しぶりに日差しが戻ってまいりました。秋らしい陽気です。

 さて、今朝のご紹介ですが、もう20年前くらいに発売されたアルバムですが今でも良く聴いています。

 ご存知な方も多いかと思いますが、カナダ在住のキューバ 人兄弟、AdonisとAlexis(今はAlexis Cubaと名乗っていますね。)のPuentes Brothers。
 
 今では兄弟で活動することはほどんどないかと思いますが、このアルバムはこの兄弟の才能を余すことなく放出したアルバムと言っても過言ではないと思います。

 本アルバムは一見、SONというジャンルに属すのかなっと思いましたが、そう言ったジャンルで括ることがどうかと思うくらい、色々は要素が詰まった刺激的なサウンドです。

 もうこの時からこの兄弟は先の時代を見据えて、新しいことを果敢にチャレンジしていたようです。とにかく何回聴いても飽きない、かつどこかキューバンペーストをしっかり残されている、そんな前衛的な質感が溢れています。
(ちょっとひいきめな記述になっているのは、僕のこの兄弟に対する思い入れの強さにあるのかもしれません。すみません。)

 今日から3回にわたって、この作品以降の作品を取り上げてゆきたいと思います。
fullsizeoutput_daa


  
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 皆さまおはようございます。台風接近に伴いまして朝から雨がしとしと降っています。
 気温もかなり低いですね。衣替えをしないと寒くて過ごせません。

 昨日は大変嬉しい気持ちになりました。
 ある著名なラテンパーカショニストの方から「Face Book再開するんですよね?!ブログ読んでますよー。」いうとてもありがたいお言葉をいただきました。
 はい!これからも頑張って書き綴ってまいりたいと思います。応援ありがとうございます!!

 今朝はかなり昔に活躍したキューバ のドゥーアップグループ、LOS ZAFIROSをご紹介します。
 
 ドゥーアップというとソウルのコーラスグループを想像される方が多いかと思いますが、これがなかなか珍しいわけで、ファッションも皆が同じ衣装でお洒落ですが、サウンドがこれまたお洒落なのです。 

 甘いファルセットボイス。これがスパイスとなってキューバ 音楽の中ではちょっと異色かもしれせんが、ハマるとあなたも虜になりますよ。

 このアルバムにHermosa Habanaという素敵なバラードが収録されているのですが、僕はこの曲がたまらなく好きで、キューバ 旅行の際にもIpotに入れていつでも聴けるようにして行きました。

 首都ハバナ滞在の初日の夜、一人旅でしたのでとても心細い気持ちでしたが、ホテルの窓から外の景色を眺め、生暖かい夜風にあたりながらこの曲を聴きました。

 そのときの感動と言ったら言葉に言い表せません。来て良かったなーという思いに溢れました。

 とても寒い1日になりそうです。どうか皆さま風邪など引かないようにくれぐれもご用心くださいね。
 
(ジャケットの写真の下には、僕が眺めていた景色を貼ってみました。)
fullsizeoutput_da8

uClpYXa+Q3aDCWgI7bJP1w
 旧市街とセントロハバナのちょうど境目にある、テレグラフォというホテルに滞在していました。
 そこからの夜景です。 
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 しばらくお休みしておりました。
 また頑張って書き続けてまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 さて、今年も早いものでもう10月ですね。時の経つのは早いものです。特に今年はコロナ禍騒動でより早く感じているのは私だけでしょうか?

 昨日、Besame muchoというメキシコの曲を聴く機会がありました。邦訳すると、もっと私にたくさんのキスをして。というなんとなく意味深であり、もの哀しさも感じるロマンチックな曲です。
 この曲をご存知な方も多いかと思います。JAZZの演奏でも多く取り上げらてますね。

 このブログはキューバ 音楽の紹介を中心に書いてますが、本日ご紹介するアルバムはメキシコの定番曲集です。歌っているのはキューバ の偉大な女性歌手、ELENA BURKEです。

 夜更けまでじっくり聴いてしまいました。恥ずかしながら知らない曲が多く、もっと勉強しなきゃなーっと思ったりしたわけですが、どの曲も何か自分に馴染むものがありました。

 特にboleroの数曲が素敵です。特にContigoという曲が気に入りました。ELENAが雄大に歌っています。

 アルバムの最後を飾るのは、僕も知っていたAmor De Mis Amores。とても穏やかな気持ちになりました。

 知らないことを知ること、探究心を持つことはこうしたブログを書いている以上はつくづく大切なんだなと思った一夜でした。 

 それでは皆さま良い連休をお過ごしください。
fullsizeoutput_da6
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 おはようございます。世間は今日から4連休ですね。
 コロナ禍ではありますが、三密等に注意しながら旅行に行かれる方も多いことでしょう。ぜひ、お気をつけて楽しまれてください。

 さて、旅行と言いますと、私は念願叶って、昨年11月にキューバ へ行ってまいりました。
 
 初めてのキューバ ということもあり、あまり足を伸ばさず、首都ハバナのみ滞在しました。
 
 どうしても行きたい場所があってそれは、TV映像や写真などでキューバ の景色が写されると必ず出てくるのが、メキシコ湾沿いを通っているマレコン通りです。

 今回ご紹介するCDにこのマレコン通りへの想いを歌った、en el muro del maleconというロマンチックな曲が収録されております。

 僕がキューバ へ行ったら必ずやろうと思ったことが一つありました。「この曲を聴きながらマレコン通りを歩く」ということです。
 
 夕暮れ時、まだ暑さが残るなかマレコン通りまで歩いて行きました。その日は海から打ち寄せる波も穏やかで、老若男女が様々な過ごしかたをしておりました。
 まさしく憩いの場でしたね。

 さっそくこの曲を聴きながらマレコン通りを歩いてみました。

 なんとも言えない幸せな気持ちが込み上げてきました。これからの人生のことなども考えたりしました。
 それは、とても貴重で充実した時間でした。

 今、海外旅行もなかなか難しいこの時期。あの時間のことを思い出すと、遠いキューバ が恋しくなります。 
fullsizeoutput_da4
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ