9月になりましたが、昨日はなんと新潟で40℃を超える暑さだったそうです。こちらもまだ暑い日が続きそうですが熱中症にはお気をつけください。
 また大型の台風が九州方面を通過することのこと。どうか身の安全を第一にお気をつけください。

 さて、今日の話題はラテンジャズです。ジャズとの違いは?尋ねられますと返答が難しいのですが、ジャズが4ビート主体(現代では、かなりこの理論もおぼつかないのですが)なのに対して、ラテンジャズは、これまでご紹介してきたチャチャチャやルンバなどのラテンのリズムが要所を占めているインストゥルメンタルといったところでしょうか?うーむ、なかなか表現するのは難しい。

 このアルバムはMARACAこと、フルートのOrlando Valle(弟さんは、日本在住のトランペッターLuis Valleさんですね。)が中心となり、召集したメンバーたちによるとてもゴージャスなラテンジャズのライブ収録盤です。
  
 キューバ 人の凄腕ミュージシャン達に加え、同じくキューバ 出身のDavid Sanchez(sax)、Giovanni Hidalgo(percussion)、そして日本からはバイオリニストのSayakaさんが参加されています。

 このアルバムはもう10年程前の収録で、それからラテンジャズもかなり多様化されてきていますが、MARACAの作曲したルンバやダンソンをモチーフにした曲は今聴いても新鮮で、僕のキューバ 音楽魂に火をつけてくれます。

 ぜひ皆さんにも聴いていただきたいです。
fullsizeoutput_d98